Greentea: How to Test


greentea を使用したテスト方法 テストの設定 既存の mbed-os プロジェクトに TESTS ディレクトリを作成する テストグループディレクトリを作成する テストケースディレクトリを作成する testing docs からテンプレートをコピーする テストプログラムを保存する 2つのテストケース 失敗時のケース TEST_ASSERT で pass/fail を示す false でテストの失敗を通知 テストの実行 ‘mbed detect’ で接続されたデバイスを検出 ‘mbed test’ でテストを実行 ‘-m’ で MCU の指定 ‘-t’ でツールチェインの指定 コンパイルし、テストを実行 テストの実行中… ‘mbed test’ でプロジェクトの全テストが実行される; 162 mbed-os-tests*; 2 tests-group1-testcase1; 164 tests total テスト名称はテストのパス; 例) ./TESTS/Group1/TestCase1=>tests-group1-testcase1 個別のテストを実行するには、-n name-of-test を実行する tests-group1-testcase1 のみが実行される; 2 tests total 2つのテストスイートを作成する場合 コードをペーストする ‘test_success’ を削除する TestCase2 として保存する ワイルドカード(*) を使ってサブディレクトリ内の全てのテストを実行する group1 サブディレクトリ内の全てのテストを実行する コンパイルし、テストを実行 tests-group1* のテスト結果 テストのデバッグ printf デバッグメッセージを追加する ‘-vv’ 指定で printf を表示する コンパイルし、テストを実行 テストの終了 スクロールアップして出力を確認する アサートメッセージを追加する テスト失敗時のメッセージを追加する Boolean 表記が false の時だけアサートする コンパイルし、テストを実行 テストの終了 スクロールアップして出力を確認する

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *